T.school Columnコラム

次のデートに誘うとき、モテない男の「うじうじ」が顔を出す。

次のデートに誘うとき、モテない男の「うじうじ」が顔を出す。

あなたはうじうじせずに、女性を次のデートに誘えますか?

男の「うじうじ」は色々な場面で姿を変えて現れます。この問題、どう考えるべきか、コミュニケーションコーチの髙井ノリマサが答えました。

はじめに

第一線のAV監督・溜池ゴローの顔とは別に、本名・髙井ノリマサとしてコミュニケーションスキルコーチというキャリアを積んだ、監督がT.school運営メンバーと対談しました。

男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、そのほか溜池監督の思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

髙井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

2回目のデートに誘うとき、男の「うじうじ」が顔を出す。

──デートのなかで「うじうじ」が出やすいシチュエーションのひとつに、「初めてのデート終わりに次の約束を取るとき」があると思います。

そうだね。分かります。

──このときはどう振る舞うのがいいのかなあって。

正直に言っていいんじゃないですか。

女性に嫌われてしまう「うじうじした態度」とは、要するに「過去の後悔と将来の不安に囚われている状態」なわけですから、この場面で言うと「2回目のデートを断られる」とか「やっぱり私、あんたのこと嫌いだった」とか、「やっぱり私、2回目に来たらあんた急に魅力なくなったわ」とか、とにかく失敗するのが嫌なんですよ。

ということは、もう最初に失敗しないように聞いちゃえばいいんですよ。それが「いまここ」なんですよ。いまここで「きょう楽しかったよね、次どうする?」って。

例えば、また似たようなデートだとつまらないだろうから、

  • 「なんか希望とかある?考えとくわ」
  • 「次どういうの食べたいとかある?」
  • 「次どういうところ行きたいとかある?」

彼女が「なんとなくこうかなあ」って答えてくれたら、「じゃあ、例えばこういうのは?」とかって、その場で聞いちゃう。そうして、次回のデートコースの選択肢をあらかじめ確率の高いほうを絞り込んでおいたほうが問題解決になります。

漠然と、「おれがまた試されてる」とか「さあ次、なんか彼女が満足いくもの」なんて考えて、変に「東京ウォーカー」とか、定番のデートコースに頼って、全然違う趣味のもの持っていくリスクは避ける。だったら、その場でだいたい彼女の確率の高い範囲をある程度絞っておくのがいい。実際に会っている今のうちに問題解決しておいたほうがいいと思うんです。

勇気を出して。

次のデートの日にちは決めなくていい

──次の日にちまでそのときに決めちゃったほうがいいんですかね。それともとりあえず「次はじゃあ、こういうことやろうか」ってそこで相談しておくくらいに留めるておくか。

ぼくは日にち決めなくていいと思いますよ

──決めなくていい。

日にちをいまのうちに決めようとすると、なんか妙に確約をとろうとするような、クロージングしているような感覚があるじゃないですか。それよりも、一番いいのは2人の会話がいま楽しくあること

そして、会話の中から出た彼女のキーワードで会話を広げ、次のデートのプランを考えていけばいいんです。例えばカニが好きだって言ったら、「あっ、カニ好きなんだ」って。「かに道楽とか行ったことある?」「行ったけど、かに道楽のこういうコースあって、おいしかったよ」って。そうして「今度行く?」みたいに自然に誘って、「いいね、カニね」ってなったら、「じゃあ誘うわ。ここ最近忙しいんでしょ」って。「いつぐらいまで?」「じゃあそのあと誘う。フェイスブックで連絡する」っていう感じ。

そんなふうに自然にしておけば、気持ちいいじゃないですかね。後日に誘ったりして余裕を持ったほうがいいですね。

女性ももしダメな場合、この方法のほうが断りやすいんですよ。男は選択肢を与えてあげたほうがいいです。その場で日にちまで決めようとすると、「ここは大丈夫?ここは?」みたいな会話になってしまい、「逃げんなよ!」的なプレッシャーを与えかねないですし、やめた方がいいです。

──「ここダメだったら、次どこが大丈夫?」とかはやめたほうがいいね。

女の人で追い詰められたら「もういやだ」って逃げる人、いっぱいいます。愛されたら逃げちゃう人もいますしね。意外と猫みたいなもんで、その部分は。ちゃんと余裕を持ったほうがいいですね。

──ちゃんと興味を得られる布石だけは打っておいたほうがいいんですかね。

そうです。ただし、忘れてはいけないのは、その子がいま何を望んでいるかをくみ取ること。次のデートの時には、彼女は気分が変わっているかもしれませんよね。

女性のいまの気持ちをくみ取ることが大事

ぼくは今までに女性と面接をいっぱいしてきて、その人生のなかでその人は何を一番大切にしているかをくみ取るために話しをしてきました。ぼやーっと話しをしてはいけない。その人の言葉から、その人が人生で何を大事にしているかが分かったら、その人との関係性は絶対にうまくいきます。それを分かるためには、いまの彼女の状態から出る言葉とか、雰囲気から見るしかないんですよ。

「過去こうだったよね。この子はお嬢さま学校出てるから、清楚なあれでこういうレストランがいいんだよね」だなんて判断しないこと。「ラーメン屋に行きたい」って言うかもしれないじゃないですか。

いまインタビューしないと分かんない。いまの気持ちを聞かないと分かんないです。たとえ1カ月後のデートだとしても、いまの気持ちは一応聞いて。で、1カ月後に変わってたら変わってたでいいんですよ、そのときのまた趣向でいいんで、っていう話ですよね。

メールマガジンで「モテ体質理論」を学ぶ

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の法則」をお伝えします。
「モテ体質理論」をメールマガジンで学びたい方は是非登録ください。
学校で教えてくれなかった、一生モノのコミュニケーション理論を、定期配信しています。

読むだけでいますぐ「モテる男」になれる『モテ体質メソッド』実践メール講座

「モテ体質メソッド」を1日で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、150分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。詳しく見る