T.school Columnコラム

いけるの?いけないの?脱・うじうじ男のモテ会話術

いけるの?いけないの?脱・うじうじ男のモテ会話術

デートや食事、ここぞ!という大切な場面で躊躇してしまってスルー。

「あれ?あの時って実はターニングポイントだった?」って後で思うような事、経験ありませんか?

気持ちのままに性急にすすめてしまいがちなアプローチに、少し余裕を持たせて笑顔を添えて。

髙井ノリマサ流・女性との間合いの測り方とGOサインの見極め方を伝授、お見逃しなく。

はじめに

第一線のAV監督・溜池ゴローの顔とは別に、本名・髙井ノリマサとしてコミュニケーションスキルコーチというキャリアを積んだ、監督がT.school運営メンバーと対談しました。

男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、そのほか溜池監督の思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

髙井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

ここぞ!の時に、ウジウジして前に進めない時

──デートを重ねたときに、どっかで手をつないだり、キスしたりと進展していきますね。そこもやっぱりウジウジが出ちゃうポイントだと思うんです。

「断られたらどうしよう」って怖くなっちゃうとウジウジしちゃいますよね。

思うに、うまくいってる人はその前の段階で確信があるし、お互い感じ合ってます。

その確信がないのに自分だけの作戦で「こういうところに連れ込んだら手をにぎれるかなあ」ってすすむと絶対にダメですね。

──確信、、ですか。たとえばどういう

つまり、食事とかの時に、普通の友達とは話さないような話が軽くでもできたら「あっ、ぼくとはそういう話ができるんだ」っていう段階までは行けてるわけですよ。

女性だって男性だって、自分の情報を伝える合図を送りあってる時ってあると思うんですよね。

──相性のすり合わせみたいな事ですかね。

浮気常習犯の男なんかが、外で女性に対して「カミさんから浮気を公認されてるんだ」って言えば、女性の方は「私も浮気相手なんだ。」って思うよね。つまりその時点でそうなる事をお互い承認してる訳だよね。

だから極端に言うと食事とか前段階の時に「ぼくたちは今後そうなっていくよな」っていう伏線をはればいいだけの話なんですよね。

会話を上手に進めて間合いをはかれ!

──その暗黙の合意がないと、女の人はキスしようOK!ってなってても、彼氏が奥手だから全然来てくれないみたいな状態になったりね。

松田聖子の歌みたいな(笑そういう場合っていうのは男が奥手なのかどうなのか分かんないですけど、お互いの感覚がズレちゃってるわけですね。

──男は恥ずかしいとか自信のなさで「まだそこまではいけない」と思ってて、女の人は「十分一緒に時間過ごしたのにまだ?」って思ってる。これがズレですかね。

これではもうウジウジするよね、まるっきり。今まで経験上うまくいったことがないから「断られるんじゃないか」ってその不安な訳だ。

結果NOであっても、課題をクリアに

──相手を結構好きだったり気持ちが結構あるとなおさら怖いですよね。

だけどそこは今ある課題をクリアすると思って、僕はそういう場合は思い切って手を握っちゃうしかないと思ってるんですよ。YESかNOかはっきり出るじゃないですか。

──そらそうですね。

NOって言われたら終わればいいんですよ、単純にね。

──多少は頃合いを見るにしても、どこかでは思い切りを出さないとダメだっていうことですよね。

正直さと笑いを武器に、答えを導く変化球

例えばぼくなんかの場合一応相手の心を読むっていうか「いま手を握ってもいいのかなあ。それともちょっと肩を抱いてもいいのかなあ」って間合いをはかろうと思ったら、相手に「○○さんてもてるでしょ?」って聞いてみちゃう。

──へえ。先方さんのモテ具合を聞く訳ですか

「もてないわよ」ってきたら「いや、絶対好きな男性いっぱいいるよ、むこうから寄ってくるの。おれ末席でいいから置いてくれる?」って。「一番なんておこがましいからさ、言えないけど」って言うと「1番でもいいよ」って言ってくれたりする。

──それいいな。

「えっ、マジ?」とか言って、「ちょっと手握ってもいい?」とかって、言っちゃっえたりする。いきなり真面目な顔して手を握ろうだ、キスしようだっつったらお互い恥ずかしいわけだから。冗談から、笑顔から入ったほうがいいんじゃないですかね、お互い。

──そうですよね。笑顔がないと逆にダメだったときに追い詰めた感じになっちゃいますよね。

そうそうそう。だからやっぱり笑顔ですよ。緊張してる時は正直に伝えちゃう。「私も緊張してる」ときたら「じゃあ、ひょっとして気持ち同じなんじゃない?」とかってね。

──変にカッコつけないで正直に伝えてみる、と。

過去に縛られず、大切なのは「今、どうしたいか」

とりあえず今っていうのに頭をおいて「正直いま彼女はどうなのか」「いま自分の気持ちはこうなのだ」じゃあそれからどうするのか、に焦点を絞るしかないですね。

──変にカッコつけないで正直に伝えてみる、と。

過去にダメとか、振られたらどうしようとかって考えたらもう何も進まないから。だから食事のところから伏線をはって、もうお互い油をしいておいたほうがいいですよと。いきなりその場でやるのは難しいです。

メールマガジンで「モテ体質理論」を学ぶ

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の法則」をお伝えします。
「モテ体質理論」をメールマガジンで学びたい方は是非登録ください。
学校で教えてくれなかった、一生モノのコミュニケーション理論を、定期配信しています。

読むだけでいますぐ「モテる男」になれる『モテ体質メソッド』実践メール講座

「モテ体質メソッド」を1日で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、150分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。詳しく見る