T.school Columnコラム

結婚すると男はどう変わる?男は捧げることで100%の力を出す。

結婚すると男はどう変わる?男は捧げることで100%の力を出す。

モテてモテて、楽しく男女交際!その先に出てくるのはやっぱりアレ。

3組に1組は離婚しているとされ、人生の墓場とまで称される「結婚」

男女の関係の先に必ず出てくるテーマです。

モテ術にとどまらない、男として女性を獲得した先に待つ男の存在の本質を語ります。

はじめに

コミュニケーションスキルコーチでありながら、第一線のAV監督・溜池ゴローという異色のキャリアを歩んできた、高井ノリマサ。T.school運営メンバーと対談しました。 男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

髙井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

損得感情ではかれない、生物的な男の「結婚観」

–男女の恋愛が続いていったら、いずれ結婚というテーマが出てくるわけじゃないですか。結婚って、世の中を見渡せば、一方で離婚だったりとか。

多いですね。

–芸能ニュースとかも離婚泥沼報道とかしてて、そうすると結婚したってろくなことないんじゃないかなって見方も一方ではあったりすると思いますけど実際どうなんですかね。結婚の良さというか。素晴らしさというのは、何ですかね。

男というか、男性って何のために生きるかといったら他人のためなんですよ。奥さんという、自分の恋人や自分のお嫁さんのために、やがては生きることになると思うんですよね。自分一人だったらどうとでもなりますからね。自分一人ならもう自分なんてどうでもいいわけ。

だけど奥さんがいて、子供が生まれて、これはもう自分がどうでもいいではすまない。

僕は昆虫のオスって、一番正しいオスの生きざまだと思っているんですね。

自分のメスと子供、卵からかえった子供たちのために自分は餌を運んできて、最終的にはカマキリなんかは食われるわけじゃないですか。みんなの栄養になって、自分は死んでいくという。勇ましいというか、すごい。

何のために生きる?そう、他人のために生きているんですよね。結局、男性って究極を言えば、奥さんと息子、娘につなげるために生きているような気がするんですよね。

–生き物の本質みたいな話になってきましたね。

面白いもので、自分のためだったら自分を甘やかすじゃないですか。エネルギーってそんなに出ない。人間はそうでしょう。

エネルギーの法則って、やっぱりあるものはあるものだけ使うという、時間がこれだけあったら時間を使っちゃうんですよ。

自分のためだけに生きてたら、自己責任なわけだから期限も何もないわけですよ。でも、奥さんや子供がいた場合。そうしたら彼らが路頭に迷わないためには自分の腕にかかってくるわけですよね。これはさぼれないですよね。

背中にナイフ、でも幸せ?背負う覚悟で得る物とは

だから、結婚は言い方を悪くすると、後ろからナイフを突きつけられているようなものなんですよ

でも裏返して考えると人間はナイフを突きつけられないと本当の動きって、力が100%出ないはずなんですよね。

だから、結婚って自分を伸ばすためであり、他人のためのものでもあるんだけど、自分のさらなる力を伸ばすためのものではあると思いますよ。

–その意識は、監督が結婚されたあとに降りてきたものなのか、結婚する前からそういう「他人のためにと考えたほうが、いろいろいいぞ」と思っていたのか、どっちですか。

いや、お恥ずかしながらですね、やっぱり結婚して子供が生まれた瞬間に初めて分かったことですよね。

–監督でもやっぱり最初はそうだったんですね。

僕は今のかみさんと付き合う前は、前の内縁の妻がいて、今の妻と付き合いだした時にばれてしまって、包丁突きつけられて3日間監禁されたり。

それで、そのころは「俺は別に自分なんかなんとでもなるし、世界だってどうなろうが関係ねえや」って思っていたんです。

その人生の主役は、自分がもう絶対主役だった。ところが、僕が40歳のときに息子が生まれる時に変わりました。

僕とそっくりの子供が生まれたわけですよ。それを見た瞬間だったら、生まれて初めて「ああ、神様、ありがとう」って言っている自分がいるんですよ。

もう泣いている自分がいて、「ああ、俺、こいつのためだったら死ねるわ」って、生まれて初めておもった。

–親になった瞬間、みたいなことですね。

この日から始まったのが、僕の人生ドラマ。主役は自分から息子になりましたね。

じゃあ自分準主役かといったら違うんですよ。かみさんが準主役なんですよ。僕はバイプレーヤーになったわけですよ。

こうなった時に初めて昆虫のオスの気持ちが分かったんですよ。「俺はこいつらの栄養になればいい」と思ったんですよね。

それから「あれもやりたい、これもやりたい」って。

たぶん息子が生まれたときの自分と、今だったら、監督としてはあのとき脂が乗っていたけど、人間力とか生活力は今のが全然上ですね。

独身と妻帯、その喜びの質の違いは?

–じゃあ、振り返ってみたときに、自分のために生きていた時代と、奥さんや子供のために生きている今を比較したときに、当然自分一人の時だって幸せはあったわけですよね?

充実感が違うんですよね。詰まっているんですよ。だって、明らかに裏切らないんです。家族って。

「おまえなんか信用しない」なんていったって、親は子供を許すし、子供も無条件に親を好きになってくれるし、その子供がいることで男女の夫婦って余計につながるわけですよね。

それがあると、自分が仕事するぞってなったときに「俺は今、こいつらに栄養を持ち帰ろうとしてる」とかいうふうに思いだすんですよ。独身時代なんてもう「いや、俺は、俺は、俺は」だったのに。

–人のために生きるってことですかね。

子供ができたあとは、例えば自分がした仕事とか、例えばTスクールっていう学校をやりだしたら、その生徒たちが「ああ、結婚できたらな」「彼女できたらな」と人が変わるのを見ているとうれしいんですよね。

前は人が変わろうが何だろうが「関係ないもん」と思っていた。僕の口癖は「関係ねえ」だった。いつも言っていた。

でも今は、自分のやったことで人が幸せになるって、やっぱりうれしいんですよね。

「みんないい男に育てて、女性が幸せになりゃいいな」って、まるで意識が広くなってしまったというか。

たかだか結婚一つで。でも、そうなると、逆に当然人からはどう思われるといったら、慕われますよね。人も来ますよね。

–すごいことですね、そこまで変わるものですか。

あと、もう1個。たいしてモテなかった人が、なぜか結婚したら、やたらモテるようになったと。

結婚してからモテるようになったという男って意外と多いんですよ。これには理屈がはっきりあるんです。女性と一緒に暮らすとコミュニケーションを鍛える場ができるわけです。

コミュニケーション力が鍛えられた自分が外で仕事をしたりすれば、当然、モテるようになるんですよ。

だから、結婚するとますますモテるし、人から好かれるので、僕は結婚はお勧めなんですよね。

–大変なこともあるけど、それをはるかに上回るものが手に入るわけですよね。

Tスクールでやってることは、そのまま家庭でのスキルにつながります。単にモテるようになるだけじゃなくて、コミュニケートスキルの訓練なんですね。

メールマガジンで「モテ体質理論」を学ぶ

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の法則」をお伝えします。
「モテ体質理論」をメールマガジンで学びたい方は是非登録ください。
学校で教えてくれなかった、一生モノのコミュニケーション理論を、定期配信しています。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る