T.school Columnコラム

女性と会話が続かない時はどうすればいい?モテる会話術の訓練法

女性と会話が続かない時はどうすればいい?モテる会話術の訓練法

彼女と付き合ってデートを重ねて、、恋愛の醍醐味、楽しい瞬間です。

でもそんな幸せ絶頂の中でもよくいわれるのが「彼女と会話が続かない」。

彼女と言わず、いろんな女性と自然に会話を盛り上がれるとしたら素敵ですね。

いろんな瞬間を楽しめたら、彼女と言わずともいろんな女性から好感を持たれる事請け合い。

今回は「女性と上手にテンポよく会話する」をテーマにお話します!

はじめに

コミュニケーションスキルコーチでありながら、第一線のAV監督・溜池ゴローという異色のキャリアを歩んできた、高井ノリマサ。T.school運営メンバーと対談しました。 男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

髙井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

会話上手=聞き上手!発信だけが能じゃない

――付き合っていく中でよくある悩みだと思うんですけど、会話が続かなかったり、盛り上がらないとかあるんですけど、そういうときってどうしたらいいですか。

男性は特に「会話が続かないです」という悩みの人が多いんですけど、うまく話題を提供できないとか、話題が豊富じゃないとか、そんな解釈になっちゃうんじゃないかなと思うんです。

会話というのは、男性のほうだけがしゃべるわけではないので、自分がしゃべるのが苦手だったら相手にしゃべらせておけばいいと思います。相手がしゃべりたいことを話してもらえばいい。

その代わりツッコミや、いい反応、リアクションをしてやればいいんです。相手が楽しくしゃべっても、それも会話ですから。

まず聞き上手になるというのが一番大事ですね。

――よく芸人がモテるっていいますね。

話題豊富だし、面白いことを言って笑わせたりするイメージがあります。だから、自分もそういうふうにしないといけないと、考えてしまう人が多いと思うんです。

分かります。ごもっともな考えだと思いますね。

それは自分が面白おかしくしゃべって、女の子が「キャー、おもしろーい。もっとしゃべって、もっとしゃべって」って言っている絵を浮かべるからいけないんです。図式が一方的なんですよ。

女の子がしゃべって、自分がリアクションで、大きな反応をして、それで褒めてあげるということをやっていれば、女の子のほうがしゃべり好きな人はどんどんしゃべってくれる。自分の絡める話題って必ずあるから、絡めるところになって初めて話せばいいじゃないかって、僕は思うわけですよ。

自分だけが無理に話そうとは思わないっていうのは、まずコツの1個です。

話が続かないって悩む男とお笑い芸人さんの違いは1個だけ。話す練習をしているか、していないかだけなんですよ。

もしあなたが練習をしないでお笑い芸人さんみたいに話せたら、お笑い芸人さんの職業は成り立ちませんよという話なんですよ。

――確かに。

何を練習すればいいか。キラートークです。キラートークというのは困ったときに出る話題。

自分の持ちネタというやつです。何でもいいです。その日にあったことでもよくて。「何か事件が起こりました。この事件があって、自分はこの事件にはこう思うんだよと。なぜなら、自分はこう思ったときこう思ったからって、自分の見解を頭の中でまとめるだけで、1個のキラートークになりますよ。単純。

ただし、練習する上で、考えなきゃいけないのは、何も内容じゃないんですよね。内容だけを考えるんじゃない。つまんない内容でも面白く話せればいいわけでしょう。それが、表現の練習というやつですよということなんですよね。

いいリアクションの基本は笑顔と受け入れる姿勢

――監督が女性の話を聞いて、盛り上げようと思っているときに、何か気を付けていることとかありますか。声のトーンとか、いろいろ。

相手がしゃべってくれたことには、絶対笑顔と大きなリアクション。

隙あらば褒めていますね。笑顔とリアクションと、隙あらば褒めてというのは当たり前。それはもう、相手に対しての礼儀なんですよ。

笑顔って「私はあなたを受け入れてますよ」っていう合図じゃないですか。リアクションっていうのは「あなたに反応して僕の心はこんだけ動いてますよ」というのを見せているんですよね。笑顔もリアクションも。

それで褒めるというのは相手へのお礼なんですよね。「私はあなたのここが好きなんです。だから、あなたと一緒にいても飽きないし、とっても楽しいですよ」という表示なんです、褒めるなんていうのは。

その三つをすれば、自然と人間の脳みその中には、「ああ、この人と話していると楽しい、また会いたいな」と思う気持ちが芽生えるわけですよ。

相手の言ったことに対してはもう「笑顔」と「リアクション」と「褒める」。この三つは絶対欠かさないですね。

――昔から監督はその笑顔とリアクションというのは得意だったんですか。

AV監督をやりだしてからかな。子供のころに親戚中たらい回しになって育ったような環境があったので、大人に気を使ってのつくり笑顔なんですよね。だから、自分の笑顔が嫌いだったんですけど、映画の助監督時代は女優さんにその笑顔が受けていたんですよ。

ただそれが日常で有効かというのは分かんなかったんですけど、AV監督やりだして何年かたったあとに、女優さんの面接の時に大きな笑顔とリアクションで返してあげたら、相手は喜んで、やっぱりプラスの方向でこっちを見てくれるようになるということが分かってきたんですよね。

AV女優さんの面接というものをすればするほど、相手の気持ちを読もうとしたり、気を使ったりしながらやっていると、自然と身に付いちゃったというのはありますね。

「相手が今どう思っているかな」と。デリケートな仕事じゃないですか。僕らの仕事って。

――一般の人がそういうリアクションとかを身に付けようとしたら、どうしたらいいですか?

練習。大きな笑顔でうなずいたり、リアクションを「へえー!」って顔の表情を変えたり、その表現というのは五つなんですよ。

リアクション、だから表情とジェスチャーを思い切り大きくするというのを一回まず単純に試してみること。

要するに表情やジェスチャーが小さい人というのは、脳みその幅もやはり小さいんですよ。オーバーリアクションを一度身に付けたほうがいいですね。オーバーリアクションを身に付けたらあとは抑えられますので。

――じゃあ、今インタビューしてる監督のリアクションを真似するっていうのもありですか。

今はもう普通に話しているけど、基本的にはありですね。

魅力のある役者さんとか、みんなオーバーリアクションですよ。僕が小学校のときに憧れて止まなかったブルース・リーとか、松田優作とか、みんなオーバーリアクションなんですよね。当然、女性にも受けがいい。やっぱり女性の話も聞き上手。

お笑い芸人もそうですね。

彼らは話すだけのプロじゃなくて、聞き上手でもあるはずなんですよ。あのオーバーリアクションができるというのは。だから、皆さんも少なくともそれぐらいは練習したほうがいいですね。

簡単ですよ、練習なんか。

仕事で上司がつまんないことを言ったら「ああ、分かりました、はーい」といつもより1.5倍から2倍、表情を大きくして、声を大きくしてジェスチャーを大きくすればいいだけの話ですから。それを3日続けるだけで、変わりますよ、本当に。

メールマガジンで「モテ体質理論」を学ぶ

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の法則」をお伝えします。
「モテ体質理論」をメールマガジンで学びたい方は是非登録ください。
学校で教えてくれなかった、一生モノのコミュニケーション理論を、定期配信しています。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る