T.school Columnコラム

ここ一番で結果を出してモテる!プレッシャーに負けないパフォーマンスを引き出す「じゃんけんゲーム」

ここ一番で結果を出してモテる!プレッシャーに負けないパフォーマンスを引き出す「じゃんけんゲーム」

女性にモテるだけでなく、人間力を向上して仕事にも恋愛にも強くなる。

これがT.schoolのモットーです。

2000人の女性と面談した、高井ノリマサが行うT.schoolで実際に行っているコミュニケーション向上カリキュラムの中身をちょっとだけご紹介します。

今回ご紹介するのは「うまくやらなきゃ!」というプレッシャーをOFFしてラフな状態にする「じゃんけんゲーム」についてお話します!

はじめに

コミュニケーションスキルコーチでありながら、第一線のAV監督・溜池ゴローという異色のキャリアを歩んできた、高井ノリマサ。T.school運営メンバーと対談しました。 男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

髙井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

大事な時だからこそ、プレッシャーで失敗してしまう時は

――監督がやられているTスクールの授業の中で採用されている「じゃんけんゲーム」について教えてください。

ABCゲームと同じで脳をちょっとそのとき「どうだっていいや」っていうフラットな状態にするゲームです。

例えば緊張しているとか、何かにとらわれちゃっているときに、頭を混乱させて「どうだっていいや」っていう、ハイパフォーマンス状態にするためのゲームです。

――普通のじゃんけんとは違うんですか。

じゃんけんゲーム、これは普通のじゃんけんより難しいです。 じゃんけん以外の制約があるんです。 これをまねしながらやってくださいとか、それを足でやってくださいとか、こっちの手とこっちの手を別々にやりましょうとか、ね。 いろいろ同時にやってるうちに訳が分からなくなってくるんですよ。もう笑いが出るぐらいに。そうなったときって、頭って意外とぽんとハイパフォーマンスに、「どうだっていいや」状態になっているんです。

―じゃんけんしながら行動に制約がついて脳を混乱させるんですね。

「どうだっていいや」状態になっているときは人と接する壁が低かったり、意外と普通に友達がぽんと声かけやすかったり。 酔っぱらったときって、意外とそれに近い状態になっているので、思い切ったことができるとかね。 野球なんかでも「これを空振りしたらもう試合に負けるから」と考えていると駄目だけれど、「どうだっていいや」と思った瞬間、もう球だけに集中、ポンとできるわけでしょう。 その状態を作るのが、ハイパフォーマンスにするためのゲームの中の一つで、じゃんけんゲーム。 もう頭の中をばらばらに混乱させる手段です。

――相当脳みそに負荷がかかるでしょうね。
じゃんけんをやるときって勝つことしか考えていないんですね、実は。
そこに全く別の制約をつけたら脳みその交流が、逆流するようなものじゃないですか。

これをやっていると「なんかもういいや、何でも」みたいな感じになって、笑顔が、笑いが平気で出るんですよ。

「うまくやらなきゃ」思考をOFF!! 思考を操る

うちのTスクールで、よく何か女性にしゃべってもらって、それを取りあえず大げさにリアクションして笑顔を出して、何か面白おかしく話を変えてどんどん返すというのをやらせてて。

最初は顔が引きつって体が硬いんですけど、どんどん楽になっていきますよ。頭がどんどんハイパフォーマンス状態になってね。

それとか、2対1で、女性2名に両方から話してもらって、両方に笑顔とリアクションでちゃんと相づちを打って、どっちも飽きさせないという訓練をやるじゃないですか。
あのとき、みんな訳が分からなくなるんです。男は内容を聞いちゃうから、内容に引っ張られるんですよ。
「ああ、えっと」ってなっているうちに、女の人と話すとき、「内容を聞かな」みたいな怖い顔になって、女の人は「楽しくないな、この人」って判断するわけですよね。

でも脳みそがフラットになってると、相手の一言に対して反応がぽんと出るんですよね。すごくラフに話すんですよ。笑っちゃったりしながら。

――考えていたら二人相手にできないから、おのずと表情を優先していくような感じなんですかね。

そうですね。どんどんやって、向こうから出た言葉を1個拾ったら、反応を適当にポーンとできるようになるんです。もう本当にある意味ばらばらなんだけど、1個、あるところは集中しているというね、遠いところで。自分的には楽になってるはずです。

――いちいち何かいいことを言わなきゃいけないとかって関係ない。取りあえずそのやり方で、身に付けたやつで返しておけば場持ちがするわけですよね。

そう。「もし失敗したらどうしよう」と思うのも同じ原理なんですよ。緊張するっていうのも。女の人と話していて「格好つけなきゃ、格好よく思われなきゃ。失敗しちゃまずい。傷つけちゃいけない」ってずっと結果ばかり考えていると出ないですよね。

昔、ハンドボールをやっていたときに、もうふらふらになってシュート練習をするんですけど、OBの先輩とかに言われるんですよね。「いつもより全然いいシュートを打ってるよ」って。いつもは「絶対決めてやろう」ってガチガチに力が入っているんだけど、そうじゃない。
「もう疲れたからどうだっていいや」ってもうバンバン打っているんですよ。
いま考えると、あれはハイパフォーマンス状態、疲れすぎて。後先考えないでやる。

ビジネスでもなんでもそうですけど、思い切ってやれる人というのは、後先考えずに、瞬間にして脳をハイパフォーマンスに、自由自在にできるわけですよね。

イチロー選手みたいに。日本を背負っているんですよ。普通できないですもん、世界の舞台であんなパフォーマンス。どうだっていいやと思っているんですよね、たぶん、彼らは頭の中が。

メールマガジンで「モテ体質理論」を学ぶ

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の法則」をお伝えします。
「モテ体質理論」をメールマガジンで学びたい方は是非登録ください。
学校で教えてくれなかった、一生モノのコミュニケーション理論を、定期配信しています。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る