T.school Columnコラム

体全体で表現する力を伸ばす「ジェスチャーゲーム」

体全体で表現する力を伸ばす「ジェスチャーゲーム」

女性にモテるだけでなく、人間力を向上して仕事にも恋愛にも強くなる。

これがT.schoolのモットーです。

2000人の女性と面談した、高井ノリマサが行うT.schoolで実際に行っているコミュニケーション向上カリキュラムの中身をちょっとだけご紹介します。

今回ご紹介するのは言葉だけでなく体全体で感情や自分らしさを表現するための訓練「ジェスチャーゲーム」についてお話します!

はじめに

コミュニケーションスキルコーチでありながら、第一線のAV監督・溜池ゴローという異色のキャリアを歩んできた、高井ノリマサ。T.school運営メンバーと対談しました。 男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

高井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

言葉、ジェスチャー、全ては自分の表現として考える

――監督がやられているTスクールの授業の中で採用されている「ジェスチャーゲーム」について教えてください。

ジェスチャーです。いろいろなパターンがあります。もうこれは役者の練習と一緒ですね。言葉を一切使わずに、例えば女性から出たお題を演じ切るんです。

これは二つの効果がありまして、一つは表現力。どうやれば相手に伝えられるかなって一生懸命考えながらやるので、すごくいい脳みその使い方になります。
もう一個は、劇団の役者が大体最初にやらされますけど、表現するのに恥ずかしさをなくすということです、表現するのに。

基本的に人前で演技するのは恥ずかしいんですよ、みんな。女性に対して緊張するとか、女性にしゃべるというのが緊張する人というのは、それと同じなんです。
その延長上なんです。自分を表現するのが恥ずかしいんです、単純に。

僕はカラオケが苦手なんですよ。なんでかというと、人前で恥ずかしいから、歌うのが。でも、人前で話しても全然平気なんですよ。
だからやたらカラオケを歌うくせに、人に話すのが下手な人間っていうのは、俺、意味が分からないんです。

男性って内容に引っ張られるので、内容をどうしても考えてしまう。何を言ったか内容だけで考えるから、顔が無表情なままで内容だけ考えている。だから女性に嫌われる。
ジェスチャーは言葉を縛るので、言葉を出しちゃいけないんです。内容じゃないですよ。表現しかないんですよ。

――普段ジェスチャーしていないわけじゃないですか。どういうバリエーションがあるのか、どういうジェスチャーをしたらいいのかって、思い当たらない場合、どうしたらいいですか。

それは、自分の引き出しを増やすしかないんですよ。全くそのバリエーションがない人もいます。

そういう人は、1個のジェスチャーを決めて、それで要所要所でそのジェスチャーを絶対出すって決めちゃうんですよね。例えば大げさなときは絶対手を広げるとか、冷静になっている、落ち着いている、正しいとか、きっちりしているときは、手を前にするとか。その上で、じゃあ表現をやってみようと。難しいんだけど、自分の自己紹介なんかにも、そういう表現を載っけるわけですよね。

そういうジェスチャーを取りあえず作っていって、それが出るように、動けるようにするんですよね。そうしておけば、話すときにそのジェスチャーが出てくるんですよ。

お国柄?日本人のジェスチャーの乏しさを考える

――外人はジェスチャーが得意ですよね。あれは別に教わっているわけじゃないんですよね。たぶんまわりがみんなそういうふうにやっているから。

同じ。イタリア人みんなこれ(肩をすくめるしぐさ)やっている。おのずと、こうなるわけですよね。

――日本の文化というか、まわりにジェスチャーをやっている人が少ないから、ジェスチャーを学ぶ機会がないわけですよね。

そうなんです。本当に無表情なまましゃべっている人が多いんですよ。

このまましゃべっているということは、エネルギーが外に発散しないで、ここ(体)の中で閉じこもっていると、ここ(頭)で一生懸命言葉を考えているから余計緊張するんですよね。動けばいいんですよ。マイクもスタンドに立ったままこうやってしゃべるとすごく緊張しますよ、そんなもんだと思います。

――昔の歌手の東海林太郎、直立不動で歌っていましたよね。あれも相当苦しいんじゃないですか。
身ぶりをする文化が、たぶんその当時の日本にはなかったんですよね。そのあと歌謡曲でちゃらちゃらみんな振りつけながらやっていたけど、あれも訓練していたってことですよね。

そのとおり。普段からジェスチャーをちゃんと使う訓練みたいなものですね。表現力の一個なので、伝わりやすいんだよね。

無料E-book「学校では教えてくれなかったモテの教科書」

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した、モテ体質メソッドをメールマガジンでお伝えします。
メールマガジンの登録者には、一生使っていただけるコミュニケーション理論のレジュメを収録した
E-book「学校では教えてくれなかったモテの教科書」をプレゼントしています。是非ご登録ください。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る