T.school Columnコラム

段階別モテ考察1 偶然で終わらせない次に繋がる出会いとは?

段階別モテ考察1 偶然で終わらせない次に繋がる出会いとは?

男性と女性では、恋の加速度が違うとよくいわれます。

単純な男性は速攻で燃え上がるけれど、女性の恋心はゆっくりと進行していくもの。

自分が盛り上がってるからって相手も同じだろうと勢いで行ってしまうと怪我をするものです。

そもそも女性の好意とはどういう状態なのか?

最初の出会いからどのように発展させていくべきなのか?

高井ノリマサが解説します!

はじめに

コミュニケーションスキルコーチでありながら、第一線のAV監督・溜池ゴローという異色のキャリアを歩んできた、高井ノリマサ。T.school運営メンバーと対談しました。 男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

高井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

女性の好意の段階を理解する

――前回までは「嫌われない」っていうことをテーマに、「うじうじ」「不潔」だとか、そういった内容のことを話してきましたが、今回はそのあとに続く段階ですね。「好かれる」などの先の段階のことについて、お話しいただけたらなと思います。

まず、「モテ」の段階について。

男性と違って、女性は人を好きになるにも段階があるんですよ。男性の場合はそんなもの関係なしに、一足飛びなんですよね。「あの子、僕、すごい好みな顔なんだ」ってすごい好きになって、その子がたとえ性格が破綻してても、生活が破綻してても、すぐ好きになっちゃうわけですよ。

でも、女性の場合は前に言いましたように、基本があるんです。

まず「嫌われない」っていう段階。嫌われないようにまず心がけなきゃいけない、最初の段階ね。「不潔」「うじうじ」「不自然」、これが前面に出てしまうと嫌われます。「もう二度と会いたくない」になる。

――門前払いですね。

もうこの段階であり得ないわけですね。だから、まずは嫌われないことを心がけようということです。今までは「嫌われないための最低条件」をクリアするための話をしました。

で、2段階目、3段階目、4段階目、5段階目まで女性の心はあります。順番に言うと、「嫌われない」っていう段階のあとは、好きかどうかですよね。で、そのあとに「モテる」っていう段階。そして「惚れられる」っていう段階。で、「愛される」っていう段階。
このあと、残り4段階、1個1個これから説明しますが、まずその「嫌われない」のあとに、「好かれる」っていう2段階目ですね。

「好かれる」って、定義するとしたら、なんだと思います?

――別にそんな激しく好きじゃない段階だとして、会ってて嫌じゃないっていうことですか?

そのとおりです。僕は「好かれる」っていうのは、こういう定義をしてます。

その女性に自分が好かれてるかどうかは、その女性が「また会いたい」って思ってくれてるかどうか。逆に言うと、「別に嫌いじゃない」と、「別に会っても会わなくてもいいや」は、好かれてないっていうことなんですよ。

――なるほど。

厳しい言い方かもしれないけれど。

だから好かれてるって確信が持ちたかったら、彼女がまた会いたいかどうか分かったときに初めて確認できる。例えば「今度お食事でも」と言ったら、「ああ、いいですよ」って、本当にお食事に来てくれた、これは好かれてます。女性は嫌いな人間とか、まったく何も考えてない人間とは2人では食事はしません。少なくとも会ってくれたら、それは「好かれてる」という段階ではあるだろうなと。

だから男性は「嫌われない」をまずクリアする。

「不潔」「うじうじ」「不自然」をまず排除して、「嫌われない」っていう基本に、スタートラインに立ったら、次は「また会いたい」と思ってもらわないといけないわけですよね。

――人畜無害じゃダメなんですね。

ダメですね。「また会いたい」って思わないじゃないですか。例えばどんな人に会いたいと思います?

――会ってて楽しいとかね、なんか自分のためになるとか。

やっぱり基本的には「ああ、この人といて楽しいな」って思うのは最低条件ですよね。どういう男性が好かれるかって、女性から見て「あっ、自分がとってもこの人といると楽しいな」と思ってる人は「また会いたい」イコール「好きだな」って思うタイプなんですよ。

ということは好かれようと思ったら、相手を確実に楽しませないといけないですよね。楽しませて、初めて好かれているということにつながるんですね。
もちろん「嫌われない」っていうのは基本中の基本なんですけど、この「好かれる」っていうのが意外と世の中で一番大事なことだと思うんですよ、僕。

すれ違いと出会いの境界線。次へ繋げるには?

世の中のすべての歴史は人と人が出会って展開してるわけですね。この人と人が出会うっていうことが、要するに「また会う」っていうことなんですね。きょう例えばここに来るまでに、道玄坂をずっと上がってくるまでに、何人の女性と会いました?

――相当すれ違ってると思うんですね。

そのとおりです。すれ違ってるんですよ。でもその人はなぜ「すれ違い」って、目の前で対面はするんだけど、行き過ぎたあとにもう二度と会わないから「すれ違い」なんですよね。

じゃあ、「出会い」とは何か。

例えば道玄坂を歩いてたら向こうからきれいな女性が来ました。彼女が雨の中ハンカチ落としました。「あっ、ハンカチ落としましたよ。僕のハンカチ使ってください。」「ありがとうございます。今度使ったら、ちゃんと洗濯して返しますから」「じゃあ、LINE交換しておきましょう」って言って。後日、LINEを交換してご飯を食べて。これなら2回目があるじゃないですか。「出会い」ですよ。

パーティーだとしましょう。道ですれ違うのとは違って、次につながるかはパーティーだとハッキリ差が出ます。きれいな女性と名刺交換して、楽しくその場でみんなで飲みました。「じゃあまた今度、機会あればよろしくお願いします」なんて言って別れました。でも、そのあと一生その女性と会わなかったら、これは道玄坂ですれ違ったのと同じなんです、結果的には。

――まあそうですね。

ですよね。

じゃあ出会とは何か。まず最初に出会って、お互い楽しんで「あっ、今度またじゃあご飯でも一緒に食べません?」って。「LINE交換しましょう」って言ってLINE交換して、後日2人で会ってご飯を食べて、2回目がありました、これが「出会い」です。

――街で知り合いに偶然会うこと、ほぼほぼないじゃないですか。ということは、最初に会ったときに次の出会いのセッティングをしておかないと、次に会う可能性なんてもうゼロに等しいっていうことですかね。

「また会いたい」イコール「好かれてる」んです。その機会をつくれるかどうか。2度目がなかったらもうその人との歴史はもうないわけですよね。

――そう考えると、2度目の出会いをつくっていかないと、これだけ世の中に人間があふれてるのに、むちゃくちゃ孤独じゃないですか。

そのとおりなんですよ。だから結局「出会える力」イコール「2回目をつくれる力」なんですよ。イコール「コミュニケーション能力」なんですよ。

そう考えたら簡単なんですよね。とりあえず人と会ったときに、まず嫌われない、次に相手を楽しませたら、また会いたいと思ってくれたら、これは「好かれる」。どれだけ楽しませることが大事かということですよね。簡単です。そして2回目が生まれたら「出会い」になるっていうことですね。

――「楽しませるのどうしたらいいの?」っていうことになりますよね、そうするとね。

それはまた「モテる体質」というのが必要なので。別の回で解説します。

無料E-book「学校では教えてくれなかったモテの教科書」

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した、モテ体質メソッドをメールマガジンでお伝えします。
メールマガジンの登録者には、一生使っていただけるコミュニケーション理論のレジュメを収録した
E-book「学校では教えてくれなかったモテの教科書」をプレゼントしています。是非ご登録ください。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る