T.school Columnコラム

段階別モテ考察3 親和欲求「オキシトシン」を増幅させて「オンリーワン」の男になる

段階別モテ考察3 親和欲求「オキシトシン」を増幅させて「オンリーワン」の男になる

友達以上恋人未満からのひと押し!オンリーワンになる決定打は?

友達以上になって十分に異性として意識もされてる、勝利は近い?

「異性としてアリ」ゾーンの彼氏候補からオンリーワンに成り上がる最後のひと押しとは?

女性のLIKEからLOVEへの遷移と方法論について解説します!

はじめに

コミュニケーションスキルコーチでありながら、第一線のAV監督・溜池ゴローという異色のキャリアを歩んできた、高井ノリマサ。T.school運営メンバーと対談しました。 男女、仕事、人生についてのありとあらゆる質問とハウツー、思考や思い、本音のすべてを深堀していきます!

高井ノリマサ(溜池ゴロー監督)プロフィール

この20年で2000人超の女性と面接。その面接をフィールドワークとして、心理学の論理性で裏付けをしつつ、「モテ体質」理論というオリジナルメソッドを開発。自身が主宰を務めるT.schoolで指導をする他、全国での講演等で理論を伝えている。

たくさんいる彼氏候補とオンリーワンの境界線は?

―まず女性に嫌われないことを大前提に関係性を作って、異性として「ちょっといいかも」ってところまで印象づけた。そこから先ですよね、肝心なのは。

肝心なのはここから先の4段階目。俗にいう「惚れられる」段階です。「惚れられる」っていうのは、「ちょっと好きかも」程度じゃなくて、唯一ひとり「この人と付き合いたい」ってなることです。主役ですよね。

「ちょっと好きかも」程度なら努力次第で入れるんですね。その「ちょっと好きかも」枠の大部屋で出番を待ってたら、主役に抜てきされることもあるわけですよ。
その先に進むには相手とのタイミングが関係あるんでね。人生のタイミング。
出会った時期が、相手がたまたま前の彼氏と熱愛中だったら、これはダメですよね。
そのとき相手に彼氏がいなかったら、自分が付き合ってる可能性だって十分あるわけですよね。
これ人生のタイミングとかその人の生きざまとか、そういうことに大いに関係するんですね、「惚れられる」っていうのは。

―女性がオンリーワンとして「好きかも」って、どういう感覚の中で自覚するんですかね。

女性って絶対分かってますよね。「ああ、この人私のこと好きだなあ」っていうのは。考えて好きにはならないですね、会って話してしばらくして楽しいっていう気持ちがどんどん増えたり、「この人と一緒にいると幸せだわ」とか、その人の顔を見ただけで幸せな感覚があったり、その人のことを思い出すだけで、脳みそにアンカーができるわけです、そうなったらもう好きになってますよね。

僕はこう思うんですけど、女性の中にハートマークがいっぱいになって、ある一線を越えた瞬間に、好きになってるんだと思うんだよね。

―なるほど。

ジョン・グレイというアメリカの恋愛博士がいるんですけど。その方のセミナーでおっしゃってたんですけど、オキシトシンっていう物質は、女性が赤ちゃんにオッパイを飲ませたときに分泌されるらしいんですね。安心したり、優しい気持ちになったり、なんかうれしくなったり、幸せ感、幸福感、幸福ホルモンみたいなものです。比較的女性は分泌しやすいらしいんですけど。

何かいいことをしてもらったとか、何かとっても優しくされたとか、要するにさっき言ったハートのポイントです。ハートが貯まるの、これはオキシトシンだって同じだと思うんですけど、男性からハートを投げられたときにオキシトシンっていうのは分泌されるわけですよ。

―ハートが目に見えたらいいんですけどね。

そのオキシトシンの分泌量に関して、そのジョン・グレイ博士が面白いことを言ってました。まわりでいません? 「俺、別に稼ぎだって悪くないし、子どもにも私立の学校行かせといてね、なのにカミさんはいつも不機嫌だし」。そういう人多いじゃないですか。

―多いですね。

そういう奥さんに聞いてみればいいんですよ。

「だって洗濯物たたんでくれないんですよ」とか。男から見たらガクッとくるようなことじゃないですか。

そのジョン・グレイ博士が言うには、海外旅行連れてってくれた時に出るオキシトシンの量がこれだけとしましょう。「すごく大きな家買った」「クルマ買った」「子どもが私立の学校に行った」、すごく大きな、ビッグ・ディールですよね、オキシトシンが出ますよね。
今度逆に、洗濯物たたんでくれた、「あっ、きょう髪形変わった?」とか気づいてくれた、「じゃあ行ってきまーす」、ちょっとハグ、そのときもオキシトシン出るんですけど、このときの分泌量も大抵同じくらいなんですって。

―同じなんですか。

ということは、男にとってどっちのほうが大変かって、家買ったり、海外旅行に行くほうが大変なわけですよ。

ハグしたり、ほめたり、「ありがとう」って笑顔で言ったりの方が簡単ですよね。
「家買いました」ドカーン、1ポイントです。「あれっ、髪形変わった? いつもよりなんかきれいだね」。「えっ、うれしい!」と思うと1ポイント、同じ1ポイントなの。

オキシトシンを稼ぎまくって「惚れさせる」

―ポイントカードみたいですね。ポイント貯めて。

要するに優しくした回数ですよね。

例えば同じ2時間一緒に食事をした時間でも、2時間一緒にご飯食べただけで、50ポイントぐらい貯まった人と、10ポイントしか貯まらない人。女性はどっちのほうが会いたいですかっていう話ですよね。

―女性によって何をされたらオキシトシンポイント、1ポイントスタンプ押してくれるか、っていうのも違ったり、誰に同じことをされたら、Aさんに同じことをされてもスタンプ増えないけど、Bさんだったら増えるとか、そういうこともあるんですかね。

そう。相乗効果があるんでしょうね。だからまずその人が縁起のいいすてきな人っていう、自分の中のイメージがあれば2倍ぐらいになってるわけですよ。この人と普通の人って1:2ぐらいの差がある。この人がハート出してもなんとか1.1になるのが、この人がハート出したら、その倍の倍ぐらいで、4.4ぐらいになったりするわけですよ。

ただ、ふだんから嫌われないっていうのが基本で、次に「好かれる」。「とっても僕はいつも楽しいよ、あなたといて」っていうのを見せるとか。
そういうのがあって、「また会いたいな」って分かったときに、そのとき散々楽しませてハートマークいっぱいバーッて投げて。
ハートマークが、オキシトシンがある一定のライン超えたらたぶん、タイミングよければ、「惚れる」になるんですよね、きっとね。

―あっ、オキシトシンを貯めるだけじゃダメなんですね。それにプラスアルファ…。

「嫌われない」こと、「不潔」「うじうじ」「不自然」にならない。

「好かれる」と、「また会いたい」と思わせる、それと「男性枠」にある「モテる」、このふたつは「モテの5大要素」っていう、「モテ体質」になるための要素が五つあるんですけど、これをできるだけ身に付けることです。

そこから先は、努力じゃなんともならないタイミングというのがあります、「惚れられる」というのが。ここは、もうこの女性が、100人いたら100通りフォーカスしてるポイントがあるわけで。例えば女性によって、男性を評価する基準が10ポイントあったとしたら、70点平均だったら「付き合ってもいいな」という人もいれば、あと全部マイナスでも「1個が200点だったらいい」っていう人もいるわけですよ。

―なるほど。

「惚れられる」まで行くと、もう「モテ体質」の中にあるのか、それ以外のところにあるのか分からないですけど、その男性の生きざまであるとかですね、今までの経験値であるとか、その女性の生きたタイミングとの相性とかね。そういう偶然性が重なってきますね、主役になるには。誰でも努力さえすりゃ主役になれるわけじゃないじゃないですか。いわば「幸運」があるでしょ。でも、準備まではできます。

―オキシトシンを貯めるっていうことですよね。それは確実に努力でできるわけですね。

努力でできます。ここまではできます。

その一線を超えるかどうか、超えられるかどうかっていうのは、これはもう「神のみぞ知る」ので。こればっかりは100%はないですね。女性によってオキシトシンの貯まり方も、すごいハードル高い人もいれば、意外と低いところでもポンと「ああ、とってもいいわ」ってなる人、「好きだなあ」ってなる人もいるかもしれないですね。

―女性がオキシトシンを感じてる時ってどういう反応をするんですかね。なんかニヤッとするんですかね。

もちろん、伝わってくるもので、もちろん感情が出た瞬間ですよね。うれしい感情っていうのは伝わってきますし、見えますし。別に顔が笑ってなくても、照れながらも絶対分かりますよね。

―じゃあ、手応えは感じられるっていうことなんですね。手応えもない中でやり続けるのはけっこうしんどいなあとか。
たとえば「この女性、楽しんでくれてるな」って思うときって、相手のどういうところを見て、そう思ってます?

まずひとつはやっぱり笑顔が出ることですよね。

笑顔って自然と出るものなんで、笑顔が出てれば「ああ、楽しんでくれてるのかなあ」って。無理につくってる笑顔とか分かるじゃないですか。不安そうになったら分かるし、すごくリラックスしてる時も自分から話したがってくれたりするし、わかりますよ。

―そうですね。話したがってくれるのはなんとなくこう、ちょっと心が通じてる感、感じますよね。

この三つですかね。「リラックスしてる」、やっぱり「笑顔が出る」、それと「話したがってくれる」って。要するに、受け入れてくれる状態になってるっていうのかな。

―なるほど。そういうときはどんどん相手の笑顔を出すような、オキシトシンのポイントを押さえてったほうがいいですね。

無料E-book「学校では教えてくれなかったモテの教科書」

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した、モテ体質メソッドをメールマガジンでお伝えします。
メールマガジンの登録者には、一生使っていただけるコミュニケーション理論のレジュメを収録した
E-book「学校では教えてくれなかったモテの教科書」をプレゼントしています。是非ご登録ください。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る