T.school Columnコラム

女性と会話する時に意識する”俯瞰カメラ”とは?

c

AV監督としての大事な仕事の一つに「監督面接」というものがある。

撮影をする前に女優さんの特徴を知るために行うときもあれば、
キャスティング目的で面接を行うときもある。

ワシは、この20年の間に、監督面接を1000人以上行っている。
ワシにとって監督面接は、人間観察としてだけではなく、
女性との話し方や接し方を勉強するいい機会でもあるのだ。

この監督面接で学んだいろんなことを話すのはまたの機会にするが・・・。

ワシは監督面接の際、その女性と話しながら、同席する彼女のマネージャーも見ていたりする。
さらに自分の事務所で面接する時は背後で働くスタッフたちのことも意識している。

意識するのは、女性だけでなく、意識しているすべての人たちがすべて楽しくなんでも話せる雰囲気を作り出せているかどうかだ。
面接相手の女優さんが笑ったとき、隣のマネージャーも受けているか見る。

背後で働くスタッフが、耳をダンボにしているか察する。
周囲のスタッフやマネージャーが楽しい雰囲気になってるとわかれば、
心の中で「よっしゃ!」とガッツポーズになる。

そのような雰囲気を作り出せて初めて、
女優志願の女性はバリアを取り払うことができる。

女性の気持ちを楽しくするには、その女性だけをターゲットに力ずくで楽しくさせるのではない。
彼女の周辺全体を楽しい空気に包むのだ。

空気があったまれば、彼女の心もあったまり、楽しい気持ちになる。

女性の気持ちが楽しくなり、話しやすい雰囲気いなれば、
自分をさらけ出しやすくなる。

そうした空気感をつくれて初めて、女性と打ち解けることができるのだ。

その際に気をつけているのは、自分の目線以外にもう1台”俯瞰カメラ”を持つこと。
つまり、自分で自分を映しているカメラを置いている感覚を忘れないことだ。

その俯瞰カメラに関して、次は書こう。