T.school Columnコラム

まだ性格がわからない女性と話す時には、”センサー”を持て

女性

ワシは職業柄、撮影や監督面接などで多くの女性と会う。

そして、ワシは、撮影や面接の時には必ず自分の頭の中に「センサー」を持つようにしている。
面接する女性が今までに幸せな恋愛をしてきたかどうかを察知するための「センサー」だ。

「センサー」とは・・・

例えば、面接した女性が明るくさわやかな印象だったとする。

しかし、明るい=いい恋愛をしてきたかというと、それはわからない。
明るく接する彼女から過剰なサービス精神が見え隠れしていたとする。

そんな時、ワシはどんなに第一印象がよくても、
「いい恋愛をしてきていない」と頭の中のセンサーを切り替える。

なぜか。

それは男性に騙され続けて怯え、そこから身につけた彼女の処世術的な知恵が、
表面上の明るさを作っているかもしれない可能性もあるからだ。

そして、そのセンサーのまま話し続けてみて、
「ああ、いい笑顔だ。男性を信じているな」と印象が変われば、
今のままのセンサーは違ったベクトルなので、方向転換する。

ここで初めてその女性は「過去にいい恋愛をしてきたのだろう」と予想がつき、
そこからはもう少し深い話ができるようになる。

「センサー」は、つねに相手の人間性などを確認していく道しるべだ。
誰だって、相手の性格を一発でするのは難しい。

だから、常に選択肢を二つ用意し、どちらかにヤマを張っていく。
ヤマをはると、それが合っているか間違っているかわかりやすい。

単純な例で言おう。

あなたが気に入った女性に彼氏がいるかいないかわからない状態だとする。
いるかいないかどちらかにヤマをはる。ここでは「いる」方にヤマをはる。

あなたは、頭の中でこの女性には彼氏が当然いるとの前提で話をする。

例えば、「お仕事がお忙しいから、彼とデートする暇ないでしょう」と何気なく言えば、
彼氏がいない場合は、彼氏がいないということを次の言葉の中に交えて答えてくれる可能性が多いと思われる。

今言ったようなことは、日常会話で自然と皆さんが、「センサー」をはっている例だ。
つまり、これをいろいろ応用していけば、相手の人間性などを知りやすくなるはずだ。

このように自分が相手に対して置くセンサーによって、
さまざまな可能性を探ることができる。女性の「これまで」を察することができれば相手との距離は縮めることが容易だ。

もちろんその女性から好意を持たれるような態度を取ることもできるから、モテる確立は高くなる。

あなたが接した女性が過去にいい恋愛をしてこなかったとわかれば、
過去の彼氏と逆の言動をしてあげればいいのだ。

過去に嫌な思いをさせられた男性の言動と真逆の言動をする、
あなたを見れば自然と彼女の興味を引くことができるだろう。

自己開示ととも相手の情報を察知する方法の1つとして、
センサーを持つことをオススメしたい。


「モテ体質」理論を一日で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、150分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。詳しく見る

メールマガジンで学びたい方へ

日程や場所の関係でセミナーに参加できない方は是非ご登録ください。「モテ体質」の理論を定期的にメールマガジンで配信しています。