T.school Columnコラム

モテるとは、多くの女性からキャーキャー言われることではない。

モテるとは、多くの女性からキャーキャー言われることではない。

「モテ」を語るうえで、まずはじめに確認しておかなければならないことがあります。

「モテる」と一言で言っても、人によりいろんな捉え方があるでしょう。最初に、あなたがどのように「モテる」という言葉を解釈しているのか、一度考えてみてください。

簡単に言えば、「どのようにモテたいか」ということです。

  • とにかく多くの女性からキャーキャー言われたい
  • 自分が好きな特定の女性から好かれたい

私がこれからT.schoolで述べる「モテる」は、もちろん後者のことです。このことを良く知っておかないと、モテの”方向性”を見誤ってしまうことになります。

アイドルのような人気者は、現実の「モテ」ではない

「モテる」ようになりたい。その目的を達成するために起こしてしまう間違いとして、よくあるのは”次元が違うモテ男”の素振りをマネしてみようとすることです。

男性から見てもカッコイイ、大作映画で主演を張れるような人気俳優がいますよね。そんな人気俳優たちの、モテの要素をマネしようとするのは無意味です。

なぜでしょう?

それは、彼らのカッコよさは、あくまでも仕事上のことだからです。

そういったモデルさんや人気俳優さんは、カッコいいこと自体が仕事であるわけだし、写真やテレビ・映画などの画像を通して、自分をどう見せるかのプロ意識を持っている人々です。

ですから、彼らが作り上げてきた「メディアを通してのカッコよさ」は、日常の生活空間の中にもってきてしまうと、濃すぎたり、ひょっとすると滑稽に映るだけかも知れません。

それは例えるならば、舞台の役者が客席から自分の顔を引き立たせるために目張りを入れたりするのと同じです。舞台上では普通に見えても、楽屋でその顔を見ると、濃すぎるというか滑稽です。

私の最愛の妻、川奈まり子はあるヴィジュアル系バンドのヴォーカルの大ファンなのですが、「もし一緒に住むことになって、あのままの雰囲気で始終家にいたりすれば、うっとうしくて疲れるだけだろうね」なんて言っています。

そういうヒーローは遠くにいて、得てして深く追っかけない方がいいのです。彼らはモテるのとは違います。彼らがメディアを通して作り出した虚像がかっこよく見えているだけです。彼らが本当にモテるかどうかは、日常を共に過ごしてみないと分かりません。

私がT.schoolで言うモテの定義と、そういったヒーローの人気とは別物だと、繰り返しておきます。

セルフチェックが行き過ぎると時に迷って、ヒーロー人気を追いたくなる気持ちもわかりますが、そんな行為は意味がないどころか、逆効果にさえなると断言しておきます。

メールマガジンで「モテ体質理論」を学ぶ

AV監督でありながらコミュニケーションスキルコーチの髙井ノリマサが、
2000人の女性の本音を科学した「一生モテ続ける男の法則」をお伝えします。
「モテ体質理論」をメールマガジンで学びたい方は是非登録ください。
学校で教えてくれなかった、一生モノのコミュニケーション理論を、定期配信しています。

モテ体質メソッドを180分で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、180分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。 詳しく見る