T.school Columnコラム

モテたい”方向性”を間違えてはいけない

mote

「モテる」と一言で言っても、人によりいろんな捉え方があるだろう。

あなたがどのように「モテる」という言葉を解釈しているのか、
一度考えてみるべきである。

簡単に言えば、「どのようにモテたいか」ということだ。
 
とにかく、多くの女性からキャーキャー言われたいのか、
自分が好きな女性からだけモテたいのか・・・ワシが言う「モテる」とは、
もちろん後者のことである。

このことを良く知っておかないと、
モテの”方向性”を見誤ってしまうことになる。

よくあるのは”次元が違うモテ男”の素振りをマネしてみようと迷うこと。
男性から見てもカッコイイ、大作映画で主演を張れるような人気俳優がいる。

そんな人気俳優からモテの要素をマネしようとするのは無意味だ。
 彼らのカッコよさは、あくまでも仕事上のことである。

彼らモデルさんや人気俳優さんは、カッコいいこと自体が仕事であるわけだし、
写真やテレビ・映画などの画像を通して、自分をどう見せるかのプロ意識を持っている人々だ。

 なので、彼らが作り上げてきた「メディアを通してのカッコよさ」は、
日常の生活空間の中では、濃すぎたり、ひょっとすると滑稽に映るだけかも知れない。

舞台の役者が客席から自分の顔を引き立たせるために目張りを入れたりするのと同じだ。
舞台上では普通に見えても、楽屋でその顔を見ると、濃すぎるというか滑稽である。

ワシの最愛の妻、川奈まり子はあるヴィジュアル系バンドのヴォーカルの大ファンなのだが、
「もし一緒に住むことになって、あのままの雰囲気で始終家にいたりすれば、
うっとうしくて疲れるだけだろうね」なんて言っている。

そういうヒーローは遠くにいて、得てして深く追っかけない方がいいのだろう。
彼らはモテるのとは違う。人気者なだけだ。

ワシが言うモテの定義と、そういったヒーローの人気とは別物だと、
繰り返しておく。

セルフチェックが行き過ぎると時に迷って、
ヒーロー人気を追いたくなる気持ちもわかる。

しかし、そんな行為は逆効果になるだけと断言しておこう。