T.school Columnコラム

セックスは100カップルあったら100通り

カップルのセックス

ワシは前々から雑誌やインターネットのお悩み相談をたまにうけたりするが、
「彼女がフェラチオしてくれません」とか「彼女がイったことないのですがどうすればいいでしょう」とか「もっといろんな体位をやりたいのですが彼女が許してくれません」とか・・・いろんな悩みがある。

しかし、ワシはこれらの悩みを読みながら、いつも思うことがある。
セックスって、本当はもっとオリジナルなものではないのか?

AV監督を職業にしているワシが言うのもなんだが、AVが世に登場してから、世の中のカップルにおけるセックスの流れが頭の中で決まってしまったように思えてならない。

AVで描かれているのは「セックスの流れ」ではない。
あくまで演出が施された「カラミ」である。

では、正しい流れとは何か、正しいセックスとは何か?

それはいまだに誰一人答えられる人間はいないと思う。
もちろんワシも答える事ができない。

セックスには、100人いたら100通りの答えがあるからだ。

自分とパートナーだけのオリジナル・セックスを見つけるべきということで、
正解を他人に決めてもらう必要なんて一切ないのである。

動物的本能である生殖行為はいとも簡単にできるが、人間が行うセックスには、
自分なりの研究と努力がなければ快楽なんて伴わないだろう。

人間のセックスはあくまでお互いが気持ちよくなるための行為だ。

それをみんなと同じことをマネしてまでやる必要などない。

個々人、パートナー同士だけに通用するやり方を2人で会話を重ねて生み出すもの。
そうやってパートナー同士で語り合うことで関係性も高めていってほしいものだ。

人と会話する、あれこれ考えを巡らせる、
こういった行為にこそ人間として生きる意味もあるような気がしている。

これは何もセックスに限ってのことではないのだが。