T.school Columnコラム

目線は常に童貞時代!女性への思いやりとは

011

正直なことを言おう。

・・・実はワシは、セックスがヘタだ。
しかも、早漏である。

30歳のとき、AV監督として初のハメ撮りではわずか10秒で果てた。

ワシは、AV監督なのにセックスに自信など持っていない。

ただ、多くのAV関係者や世の中の「正体不明」の、
モテ男と決定的に違うと思っていることがある。

それは・・・

「女性にやらせていただいている」

と、いつも感謝していることだろう。

”目線は常に童貞時代”というワシのセックスに対する考え方が、感謝の心を生んでいる。

今まで1000本以上の作品を監督し、何百人かの女性とも職業を通じてだが、
ハメ撮り(セックスとも言える)をしてきた。ここで多くの男性は勘違いをする・・・

「オレはセックスの達人だ」

 ワシに言わせれば悪い意味で「セックスに慣れてしまった」のが原因だと思われる。

つまり、

「前の彼女はこういう前戯で感じていたから」
「ココを触ると気持ちいいに決まっている」

セックスにベクトルの違う先入観を持っている男と肉体関係を結ぼうとすると、
多くの女性は被害者となる。

普段の撮影現場でも時々勘違いする男優さんもいたりする。

そんな男優さんに「当たってしまった」女優さんは現場がはければ、
「ああ、今日の撮影って最悪!!」と陰で毒づいているようなことも知っている。

それに対してワシは、撮影の時はいつも童貞時代の心にリセットすることを心がけている。

神秘的、未知なる女体に対して、好奇心旺盛で、なおかつ、
やらせていただくことに感謝の気持ちを忘れたりしない。

どんな現場、周囲の関係者にベテラン監督であるが故に持ち上げられようが、
それは変えたりしない。ちょっとした経験ですぐに態度が豹変する人も多い。

ことセックスに関しては間違っても、”数をある程度こなした”から自分は達人だ、
なんて思っていたらモテは一瞬にして崩れ去る。

女性の好みは100人いれば100通りだ。セックスの好みだって100人100様なのだ。

男子は、多少モテるようになっても童貞目線を持つべし。


「モテ体質」理論を一日で学ぶ

あなたには、コミュニケーションについてアドバイスをくれる人はいますか?
女性との関わり方、職場の方やご家族との関係を、より良くする方法があることをご存知ですか?

是非、モテ体質セミナーにいらして下さい。
のべ10,000人以上が受講し、95%が「他の方にも勧めたい」と回答した大ヒットセミナ−です。

  • モテ体質セミナー:T.school

    モテ体質セミナー

    モテ体質セミナー:T.school

    「モテ体質」への体質改善メソッドの理論を、150分間で網羅してお伝えします。わずかな時間で確かな変化を実感できます。詳しく見る

メールマガジンで学びたい方へ

日程や場所の関係でセミナーに参加できない方は是非ご登録ください。「モテ体質」の理論を定期的にメールマガジンで配信しています。