T.school Columnコラム

溜池ゴロー塾長セックス会話力①

セックス会話

常日頃から不思議に思うことがある。

みなさんは、女性とデートするとき、「彼女は今おなかがすいているか」とか、
「食の好みはなにかな?」とか、「歩き疲れてないかな」とか、
「なにか悩みごとを抱えているのかな?」とか、「
そろそろここの店にいるのが飽きてきたころかな?」とか・・・

いろいろ彼女に気を使いつつも会話をしながら情報を得て、
デートの作戦を考えていることだろう。

なのに、なぜ、いざベッドインしてから、またはベッドイン前に、
相手のセックスに関しての情報を得ようとしないのか。

なぜ、いざセックスに及ぶと、相手は何が好きで、何が嫌いで、
どんな性的行為が好きで、どんな性的行為が嫌いか・・・

などの情報を相手から得ずに、黙々とあてすっぽなセックスを行うのか。

デートのときに、相手の女性の心のあり方を知ろうとするように、
セックスのときも、彼女の性的趣向や心のあり方を知るべきではないだろうか。

なにも、「どんなセックスが好き?」などと不躾に聞く必要などない。
日常での相手との会話から想像するのだ。

彼女の何気ない言葉から、彼女の性的趣向を想像するのだ。
少なくとも、セックスにおいてのNG事項を探すのだ。

例えば、普段から自分の爪だけでなく、相手の男性の爪や手を気にする女性は、
まずセックスにおいても清潔であることに重きを置くと想像できる。

だったら、ベッドインするまえにシャワーを浴びる事を選択するべきだろうし、
指で性器をいじるときは、徐々に確かめながらしなければいけない。

なぜなら、男性の手や爪を意識するということは、
その男性が自分の大切な部分に触れることを想像し、
傷つかないか、その男性は自分を大切に扱うだろうかと考えていいるかも知れないからだ。

セックスに関してのお互いの方向性を自然に確認することは、
男女の関係を上手く成功させるためには必要府かけるである。

そのためには、セックスに関する会話力、
すなわち「セックス会話力」が必要だとワシは日頃から思っている。

次回も「セックス会話力」に関して書く。