T.school Columnコラム

本能には逆らえない。健康という生物の真理に従えば、女性にモテる。

本能には逆らえない。健康という生物の真理に従えば、女性にモテる。

モテるとは自分自身を磨く努力を積み重ねることに行き着くものです。
その最短の方法は、「楽しく生き心身ともに健康にしていく」ということです。

結論。健康な男性はモテます。

健康がなぜモテるのか。
当然それは女性の女としての本能に訴えるからです。

女性は健康な男性の遺伝子を残したい。これは神様が決めたことです。
不健康に見える男性の遺伝子を「メス」は残そうとは思わないんですね。

これは当たり前のことであり、何も私がモテ論を展開するからこじつけているわけではありません。生物の細胞、または地球上で「当たり前」のことと言えるでしょう。自然の摂理とも言います。

その自然の摂理には、しょせん人間は従うしかないのでしょう。
大自然の法則に背くようなことをやめて従うことを心がければ、必ずあなたはモテるようになるでしょう。

私の健康の手引き)日光を浴びる。

今朝も私は朝日を浴びて、いい目覚めでした。
毎朝きちんと日光を浴びる習慣をつけるのは健康にとって大事なことです。

男性はテストステロンという、男性ホルモンのようなものの分泌でうつになったりせず、かつ若い体を維持できて健康体になれるといいます。
うつ病の原因はいろいろ説があるようですが、原因の1つにテストステロンの不足があるらしいのです。

私は医者ではないので断定はできませんが、書籍などによると、テストステロンを効果的に分泌させるには効果的に日光を浴びることだといいます。

要するに早寝早起きの習慣をつけて、体のリズムを太陽の動きに合わせること。
朝起きて朝日を浴びる。そして、毎日の三食のご飯をきちんと食べる。さらに定期的な運動を心がける。

私は趣味で格闘技の道場にたまに行いきますが、格闘技は男性の体にとって有益らしいです。男性は自らの体が危険な状況に置かれるとテストステロンが分泌されやすいといいます。

モテるためにも、まずは体と心の健康を常に心がけたいものです。
モテ術を覚えるのは、その後からで十分。